思えば遠くへ来たもんだ

怪しい認知科学を紹介しながら、行き着くところへ目指すのを綴る場所

文字が多ければ良いのか選手権 ブログはパワポなんだよ

f:id:anmitsuc:20181010015911p:plain

ブログの記事を書くときに、右下の文字数を気にする方は多いだろう。

僕にとって文字数とは、そのブログの記事を「まあ、公開しても良いよね」という、ノルマみたいなものである。

しかし冷静に考えると、別に文字数が多くても、少なくても記事のクオリティに直接関わるのかと言われると微妙なところである。

普段、ブログ閲覧をしていて、どれだけ文字数が多くても「何か微妙だな」と思う記事や(失礼)、文字数が極端に少なくても「面白い」と思うものはある。

もっと身近な例で考えれば、twitterなんかは140文字の制限があるわけで、それでも人を引きつける呟きもあるわけで、よくよく考えると文字数=記事のクオリティにはならないのである。

記事のクオリティを高めた結果、最適な文字数が出てくるのであって、その文字数の多さ自体は「その記事に依存する」。

 

しかし、僕は何故だが「文字数が多い方が良い」という考えが根幹にあることに最近気づいた。

何故だろうか、とずっと僕の記憶を辿っていたのだが、最近これのせいではと思ったのは

 

メフィスト賞

 

という文学新人賞の一つである。

 

 

メフィスト賞とは

詳しいことは、調べれば出るのでここでは簡単に言うと

メフィストという雑誌の公募文学新人賞」

である。

 

このメフィスト賞は、古くは森博嗣清涼院流水辻村深月西尾維新とか錚々たる小説家を出してきた、とても権威のある賞である。

また、この賞が始まった理由は姑獲鳥の夏魍魎の匣でお馴染みの「京極夏彦」のような作家が講談社に持ち込んだ際に、まだそのような新人賞が無かったため、後にでる「京極夏彦」並の才能を持った小説家の発掘をするために作り出された賞である。(多分)

なので、公式ではないものの第0回メフィスト賞受賞者は「京極夏彦」であると、冗談めいて書いているのも、よく見かける。

 

さて、このメフィスト賞には面白い噂があって、それこそが

「文字数が多ければ多いほど、受賞しやすくなる」

という内容である。

京極夏彦や、1回目受賞者の森博嗣、2回目受賞者の清涼院流水が尽く、文字数が多い小説を出版、受賞してきたせいで、「文字数は〇〇以上」という1つのノルマがあるようだ、と勘違いされてきたようである。

 

で、僕の話に戻るわけですけど、

メフィスト賞受賞者の本ばっかり読んでたら

「何かを書くとき、質を上げるためには文字数多ければいいんじゃね」

と考えが刷り込まれていったわけです。

これが、無意識だったため、最近まで気づきませんでした。

怖い。

 

 

ブログの記事はパワーポイントのスライド

冷静に考えると、ブログの記事って確かに多ければいいってもんじゃねえと思うのです。

そりゃ、興味のある記事なら幾らでも読んでられるけど、大体はダラダラ読んでいるわけで、文字数が多いだけで萎えることもしばしばです。

というか文字数が少なくても、タイトルだけで読むのダルいってなります。

f:id:anmitsuc:20181010014913p:plain

というわけで、こうやって画像や動画、項目分けやらつけて少しでも見やすく、ノイズを除去していくわけですけど、これって何かの作業に似ていると思ったのです。

 

それは

パワーポイントでのスライド作成

です。

関連画像

 

こいつや、こいつ。

ブログとこいつはよく似ている。

似とるんや。

わかるやろ、文字が多いとスライド見るのやめたくなるやろ。

考えてみ、はるばる長い時間かけて来た講演のスライドがこんなんやったらどないする?

 

f:id:anmitsuc:20181010015408p:plain

 

苗木くん、ここまで言えばわかるわね?

萎えます。

めっちゃ萎える。

 

というわけで、文字数を多くするという考えから解放される必要があります。

 

f:id:anmitsuc:20181010015825p:plain

 

はい。

というわけで、もう文字数だけを稼ぐツマラン記事は辞めようぜ、と自分に課しました。

自分の考えを、ただ載せるだけでええんや、カッコつける必要なんか何もない。

ただひたすら書けばええやん、と思いました。

それを続けていれば必ず報われると信じて。

f:id:anmitsuc:20181010020224p:plain

 

 

 

というかよー

ブログの記事って毎回、締めるのどうしたらいいんですかね (泣)

これだけ、いっつも困るんですけど。

ということを書いて、最後に今日のブログの文字数を載せて終わり。 

f:id:anmitsuc:20181010020521p:plain

 

追記:ブログの修正したら増えました。レリーズされてねーじゃねえか。