思えば遠くへ来たもんだ

怪しい認知科学を紹介しながら、行き着くところへ目指すのを綴る場所

九大はもう旧帝国大学から外れたほうが良いのではないか

九州大学の准教授が逮捕された

www.nikkei.com

 

子供に膝蹴りしたらしい。調べたら経済学部の先生とのこと。

うーん、最近の九大、色々とまずくないか?

まだ、爆発事件だって収束していないのに・・・。

mainichi.jp

ここ2年ほど九大では、不祥事が定期的に表れる。

僕が知る最初の不祥事は恐らく、新入生の女の子が寮を燃やした事件だろう。

あれは、僕自身も近くに住んでいて、早朝からサイレンの音を聞いたので記憶によく残っている。

www.sankei.com

早朝から「何でサイレンが鳴るんだろう」と思っていたが、その寮の周辺を見れば一目瞭然。野次馬とマスコミと、その寮に住んでいる学生が、現場付近でわちゃわちゃとしており、寮の最上階から煙が出ていた。

最初は、火事だろうと思っていたのだが、後から放火だったということを聞いて驚いた記憶がある。

しかも未成年の女の子だって言うから、二度びっくりである。

九大のHPにも謝罪文が載るほどのことである。

 

 

次にあったのは、図書館の本を大学院生が盗んだ事件である。

あれも寮生であり、寮のゴミ捨て場に裁断した本の背表紙が大量に捨てられていたのを、管理人さんが見つけて発覚した間抜けな事件である。

www.sankei.com

はっきり言って馬鹿である。200冊も盗んでおきながら、寮のゴミ捨て場に捨てるなんて想像力が足りてなさすぎる。だから、盗むなんてことをするのだろうが。

 

そして、最近の爆発事件と先ほど出た准教授の逮捕である。

幾ら、偶然でもちょっと起こりすぎなのではないのか?

表に出てなくても、時々九大生がやらかしたという知らせは、学内のメールで来る。それも、一年に2,3回。

何というか、学生も先生もこうだと、最早九大は旧帝国大学群から自ら外れたほうが良いのではないかと思ってしまうぐらいである。

 

 

 

勉強も民度も質の低下が一番激しい大学

そもそも旧帝国大学の中でも、九大のランクは低い方である。

関東圏では、国立の九州大学よりも私立大学である「福岡大学」の方が有名であるなんて、本当かどうか分からないが、割と信じてしまいがちな噂がある。

東京、京都、大阪、北海道、名古屋と他の旧帝国大学は、所在している都道府県名や市町村区名がつけられている。

東北と九大だけが、地方名である。東北大学は関東圏に近いこともあるし、実績も割とあるので、全国区で知られているとは思う。

だが、九大はただでさえ、地理的にも離れており、実績もあるといえばあるのだが、上の大学に比べると低い、もしくは余り表に出てなかったり、勉学も上の大学に比べると、どうしても落ちる気がする。

確かに、九州内ではトップの大学となるのだが、外に一歩出ようもならば九州内よりもブランドの質は低くなってしまう。

 

 

正直言うと、九州大学の学生というのは努力型が多いイメージが内部にもある。本当に頭が良ければ、上の方に行くから、という考えが基で、そのような発想に至るらしい。少なくとも医学部以外はその傾向はあるのではないかと思う。

だが、一方でそこを教える教授陣というのは、レベルが高い人が多い。

今回、逮捕された准教授だって東大の学生だった。

教える講師陣も、基本的には東大、京大出身の人が多い。

だから、旧帝の中で一番、学生と先生のレベルの乖離が激しいのは、九州大学なのではないかというのが、内部の一部であがっている声である。

ただでさえ、日本全体で大学に入学した途端勉強しなくなる風潮があるのに、上のレベルの大学の学生よりも、九大生は地頭が低い傾向がある。それにも関わらず、教える先生たちはレベルが東大、京大に引けを取らない程高いので、結果として、ついていけない学生が大多数となる。

本当に勉強した内容が必要になってくる歳になると、地頭がそこそこである九大生は苦労するのである。

 

ただ、大学内の勉学のレベルが低くなろうとも、構わないと思う。というか、最早大多数が勉強しないならば、一個人がどう思っても、どうしようもないのである。

それでも、真面目にやるタイプの学生が多いのか、企業でも真面目な子が多いというイメージがあるようである。

だからこそ、人としての質はある程度の水準を保っていってほしいのだが・・・。

 

 

それがこの有様である。

学生どころか先生が、人として最低な行為を行う。

別に勉強と民度に相関があるとは言ってない。東大だって、大事件を起こしている。

京大だって、色々な問題がニュースになっている。

だけど、腐っても東大、京大である。ここの学生は世界と戦っていけるだけの、ポテンシャルを秘めているのだ。

一方九大。真面目が多いと言われてきた大学。

しかし勉学が劣っていく一方なのに、人としてのあり方ですら劣っていけば、もはや九大のブランドはあってないような物ではないか?

ましてや学生から教授、下から上までこの有様ならば、大学組織自体の質が低下していると言われても、反論のしようがない。

卒業生の爆発だって、ちゃんと立ち退くようにしなかったから起こってしまったのだ。つまり大学内でなぁなぁな雰囲気があるのである。

 

九大に限った話ではないかもしれないけど、それでも最近、悪い意味で目立ってきている気がする。

旧帝国大学から外れたほうが良いという声が、外部から上がってきてもおかしくない。

少なくともこの一連の不祥事が、大きな災いの徴候でないことを祈るばかりである。

 

 

最後に

別に九州大学を貶めるつもりはない。実際、努力している人達はいる。テスト前になれば、皆大学各地の施設を使って、仲間たちと努力している光景は至るところで見られる。ちゃんと現実と向き合う学生の方が多いのだ。

ただ、こうも不祥事が続くと、先程も言ったとおり、どこか九大内全体は浮ついている雰囲気があるのではないかと思う。こういう時こそ、内部の人たちは必ず、人の行為を見ている人はいるという意識しなければいけないと、僕は思う。

九大生はすごいというのが、全ての人の認識であると勘違いすると痛い目にあう。特に九大は内部と外部の評価の差が激しいと、経験上思うのだ。

九大生だからこそ気を引き締めて、人として学生として、様々な経験を積んでいってほしいというのが、内部の人間の一人からのメッセージである。

偉そうなことを言ってしまいました。申し訳ありません。