思えば遠くへ来たもんだ

怪しい認知科学を紹介しながら、行き着くところへ目指すのを綴る場所

たまには、思ったことを短くまとめてみよう

ライトノベルの表紙

最近盛り上がっている、ライトノベルの表紙問題。

なんで今になって、あれだけ盛り上がるのかが分からない。

昔から、一部のライトノベルの表紙って際どいの多いイメージがあるんだけども、今になって、わざわざ店に並べている風景を撮って、twitterにあげることなのか?

話もキモいかキモくないかだけに留まらず、ゾーニングとか、ライトノベルは一般小説の架け橋になるならないとか、どんどん逸れていっているし。

気持ち悪いと思う感覚は認めるが、それを世界にわざわざ晒す労力もよくわからないし、その事を基にして、長文での記事になるのもよくわからない。

大本の人も

「自分はこう思った」って心の中で思っていればいいと思うのだけど。

だってあのつぶやき中身零だし。

盗撮までしておいて、それでいて暴力的だよなって自分の考えを直接言葉にせずに同意を暗に求めているのが、僕にとっては嫌い。何が伝えたいのか、理解に苦しむ。そこまでしておいて、最後は逃げるのか。

だから、周りの人たちも話があっちこっちに拡散してしまうんだろ。この呟いた張本人アホ天才なんじゃねーの。

とか色んな人の記事を見ていて思いました。

 

 

僕自身は「どうでもよくね?」としか思いませんでした。

まあ、確かにそのような風景を「嫌だなあ」と思うこともあるかもしれませんが、「でも俺には関係ないし」で終わりそうなものなんですが。

自分にとっては嫌なものでも、他の人にとってはそれが良いと言う人もいるし。

嫌なものでもそれを排除しようとは思わないですし。

大本の人の主張も「わざわざ盗撮して」呟いただけの糞でしかないのに、周りがぎゃーぎゃー言っているのはよく分からないです。

大本になる人が「こうしたらいいとか思うんだけど」と議題をふっかけてきて、議論しだすのなら分かるんですが、ここまで流れが曖昧なのにも関わらず、あちこちで盛り上がっているのは理解できないです。

普段から皆思うところがあって、それを吐き出すきっかけがたまたま「あの呟き」だったということなんでしょうかね。うーむ。

 

後、周りでライトノベルを挙げている議題に挙げている人たちに思うのは、別にあれはライトノベルに限った話じゃないとは思うんですけど。

崇高だと思われている一般小説や、映画のDVD/BDのパッケージだって、そういうのがあると思うんですが。飽くまで画像がライトノベルの陳列風景であって、どういう商品であっても、如何わしい物が「子供の前に平然と並んでいるのが頭おかしい」と言うのがあの糞呟きの内容でしょ?一応は。まあライトノベルに矛先を向けさせている感は強くあるんですが。

少なくとも話が「如何わしいの並べんな」って言う内容なら、ライトノベルに限定している理由が不明だなと、色んな人の話を聞きながら、浮かんできました。

これも原因の人が、まじで天才的な鹿の糞呟きするから悪い。、ここまで議論している人たちがいっぱいできる。この影響力見習おう。

 

 

もう一つ不明なのは、例え話でも女性の胸=男性の性器になること。

あれ、例え話としても下手すぎだろ。世の女性は、ちんこだしてんのか?俺は、女性の胸を見てちんこって思ったこと一度も無いんだが。そんな発想もあるんだなあと思った。カルチャーショックとはこういうことか。

俺には女性器が胸に2つ付いてるのか。そんなわけねーだろ。男性で同じような如何わしい表現を表そうとしたら、男性の胸じゃインパクトないから、性器にしたんだろうって勘ぐってしまう。女性がうんぬんって話する癖に、男性と女性で無意識に差別している文章だなって思った。平等的な考えの持ち主だったら、男性の胸で説明してもいいもんね。つーか俺はそうする。そもそも、こんな事を呟かないだろうけど。そのうち、人間の脳みそはしわしわだから男性の玉袋とか言い出す奴出てきそう。俺がその最初ということで、一番頭がおかしいのは俺。

まあ、これはショックを受けたよって言う、感想です。

 

真面目な話でもう一つ不明なのは、子供をそういうところに行かせたこと。子供が何歳かにもよるけど、小さい子なら見守っておけ。それが普通だろ。どうせ、ここで騒いだって、「見せたくない表紙が並んでいる事自体は」何も変わらないんだから。だったら、大人が連れ添って行くのが普通だろ。見せたくないなら、見せないようにしろ。アホか。昔からそういうのが、至るところに並んでだろ。写真取って糞データ呟く前に、子供の面倒見ろ。子供と話してろ。ソッチのほうが、お互い健全じゃねえか。

ある程度育っているならば、子供も「そういうものだ」って思えるように育てろ。

気持ち悪いのは確かだが、世の中綺麗事ばっかりじゃねーんだよ。

正直、こんなことでギャーギャー言っていたら、外に出歩けないだろうが。表紙が云々の前に、周りの方に目向けさせろ。

 

こんなことで規制だなんだってなったら、全人類、露出しない服だけ着ることになりそう。夏とか、どうすんねん。露出している奴らばっかやぞ。視覚系にモザイクかけるか?片目に、モンドリアン図形を見せ続けたら、何もかも知覚されなくなるぞ。流行りのVRの片方に出しておけ。そしたら、皆色知覚できなくなるだろうよ。

両眼視野闘争 - 脳科学辞典

 

visualawareness.hatenablog.com

 

露出している奴ら、皆気持ち悪いのか。二次三次だから違うというのは論外やぞ。

ということを考えるぐらいには、面白かったです。

嘘です。クソつまらないです。

ブログの記事のネタにはなりました。ありがとうございます。

こうやって、ミイラ取りがミイラになりました。僕が一番馬鹿です。

深い議論が出来る、日本の豊かさをいつまでも続くことを祈って終わり。

 

 

 

 

家っていらなくね?

上の糞どうでもいい話は置いといて、本題。

最も、本題も糞しょうもないんですが。

最近、僕は標題のように「家っていらないんじゃね?」って思うようになりました。

正確には「家は荷物置き、風呂に入る、睡眠を取る、ぐうたらするだけの空間」でいいんじゃないかなあということを伝えたい。

何でか?

多分、これは僕が独身だからかもしれないんですが、基本的に家で何か作業をするってことを自分はしないんですよね。

家にいると、本当に「睡眠、風呂、食事、ぐうたら動画を見る」しかしないし、それ以外で空間を有効利用してるのって、荷物を置くことぐらいなんですよね。

作業は作業内容に適した場所に出向いてやったらいいと僕は思います。

僕自体は、仕事を家に持ち帰ってやってもどうせ集中できませんし。

 

食事は、独り暮らしなら外食や弁当作って持っていくとかすればいいと思います。

風呂、睡眠も外でやろうと思えば出来ますが、疲れを取るならば安心できるところでというのが、僕の考えなので家でやりたいなあ。

ということを漠然と考えていますよ、っていうのがこの題目の内容です。

つまり、上以上に糞糞みたいな内容です。

色んな方々を馬鹿にして申し訳ありませんでした。

 

しかし、家にいると無駄な時間を過ごしてしまう病気がある僕には、ミニマリストではないでしょうが、そのような無駄を無くす考え方というのは結構大切なんじゃないかなあ、と。

昔は、無駄が一番という考え方だったのですが・・・。

人の考え方ってそれだけ不安定で曖昧なんだな、ってこの2つの話題を書きながら、夏の思い出を辿るように、ふと思い浮かべました。

終わり。

 

 

 

 

最後に

どうでもいいけど、取り上げられているライトノベルの表紙よりも、ドグラマグラの方が表紙やばくない?俺、未だにレジに持っていけないよ。

青空文庫で読んでます。ヘタレチャカポコチャカポコ。

 

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

 

 

 

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

 

 

うーん。コレのほうがよっぽどだと思うんだけどなあ。それでも排除するという気持ちには到底ならないけどね。

あ、記事のタイトル、全く守って無かった。短く纏めるほうが難しいのはよく知られたこと。

twitterの140文字で伝えたいことを伝えきる人は、尊敬致します。

僕には、駄文を引き伸ばすことしかできません。

これじゃあ、中井久夫が課してた「一文は天帝に捧げる果物」を達成するのも、まだまだ先になりそうです。反省。

 あーチャカポコチャカポコ。世の中みんなチャカポコ。

 因みに瓶詰の地獄は、書籍で読みました。初久作はこれです。

 ショートショート好きにもおすすめ。

瓶詰の地獄 (1977年) (角川文庫)

瓶詰の地獄 (1977年) (角川文庫)

 

 まあ、これらに収録されている話に比べれば、表紙云々の話なんて、路傍に置かれている小石みたいなものです。

 

 

終わり

最近「終わり」で締めることが多い。NHKの糸冬みたいなものかな。